ピンバッジにはどのような種類があるのかを詳しく解説

ピンバッジはさまざまなシーンで活用されます。会社のイメージである社章は、社員が襟などに付けて使用します。社章を付けることで、会社の一員であることを社員が自覚できるアイテムとなります。営業職の社員の場合は、しっかりと社章を付けることで顧客のイメージもアップします。小さいものであっても会社のイメージを作り上げるものですので、しっかりとしたものを作る必要があります。学生のクラブやサークル、社会人の趣味のサークルや団体など、さまざまな団体が自分達の共通のシンボルとして、ピンバッジを作成することがあります。多数の団体が揃う場においては、同じピンバッジをつけていれば、仲間であることが認識しやすいです。イベントの際の記念品や販促のためのツールとしても作成されることがあります。

ピンバッジ作成の際に注意すべき点

ピンバッジを作成する時には、ピンバッジの制作会社に見積もりを依頼します。できれば一つの制作会社ではなく、複数の制作会社から見積もりを取るのがおすすめです。制作会社ごとに価格や納期、サービスなどが異なるため、比較をして最も良いと思う制作会社に依頼しましょう。作成を依頼する際には、納期を明確にしておく必要があります。デザインなどの細かい打ち合わせを繰り返す予定であれば、納期までに余裕があった方が良いです。必要となる時期の1ヶ月前までに発注を行うことを目安にしましょう。発注する際にデザインも明確にしておきましょう。デザインによって素材が変わり、作成方法が変わり、そのことによって費用も変動する可能性があるためです。新規で作成する場合は、特にイメージを明確かつ事細かに伝える必要があります。

ピンバッジの作成方法や加工の仕方

自分のイメージしているピンバッジを作成してもらうには、ピンバッジの加工方法についての知識を身に付けておきましょう。最もシンプルな加工方法は、プレス加工です。文字をピンバッジにプレス加工することができます。仕上がりは少し凸凹がある感じです。素材の選び方で仕上がり具合が異なります。色やデザインを重視したい場合は、シール印刷がおすすめです。凹凸はありませんが、色の発色がきれいなピンバッジができます。シルク印刷は、細かいデザインにも対応しています。写真などをピンバッジにしたい方は、オフセット印刷が向いているといえます。素材を変えればイメージも変わります。アクリル素材はフルカラーの発色がきれいです。プレス加工はメッキができるのが特徴です。文字だけのデザインはメッキの種類を変えることで、重厚さを出すことができます。

早めにご注文いただくと、通常の3割引きからさらに5パーセント割引させていただくので、お得に購入できます。 当社は様々なメダルの制作・販売を行っており、予算に応じ、定番メダルや斬新なデザインのメダルなど取り揃えております。 お客様のアイデアを基に、当社が手がける表彰品の数々は、必ずや皆様の心に刻まれ残っていくと考えております。 オリジナルのピンバッジを格安で作るならコチラ!