初心者でも簡単にピンバッジを作製する方法について

バッグや帽子などに気軽に付けることのできるピンバッジは最近ではデザインも豊富で、形状や大きさもさまざまなものが販売されています。近頃はオリジナルピンバッジの制作専門の業者も多く、注文すれば自分だけのオリジナルピンバッジを手に入れることができますが、中には専門業者に頼まず自分でオリジナルのピンバッジを作成される方もいらっしゃるようにピンバッジは意外にも簡単に作ることができます。初心者の人でも簡単に作れるものから本格的なものまで、作り方にはいくつかありますが、どれも一度作ってしまえばすぐにいくつでも作れるようになる方法ばかりなので、世界に一つしかないオリジナルピンバッジを持ってみたいという人はもちろん、クラフト初心者の人や友人へのプレゼントに作ってみたいという人にもおすすめです。

初心者におすすめのピンバッジの作り方

オリジナルのピンバッジを作る方法にはいくつかありますが、初心者におすすめなのが『制作キット』です。制作キットは文字通りピンバッジ制作に特化したもので、誰でも簡単に自分だけのオリジナルピンバッジを作ることができます。制作キットにはさまざまな種類があり、種類によっても作り方も異なりますが、制作キットは作り方を基礎から学ぶことができるので初めての人でも安心して始めることができます。また、最近では制作キットのほかにも、自作用のパーツもさまざまな種類が販売されており、制作キットと組み合わせることでよりクオリティの高いオリジナルのピンバッジを作ることもできます。また、オリジナルのピンバッジを簡単に作る方法には制作キットのほかにもくるみボタンの金具を使って作る方法もあります。くるみボタンの金具を使った方法はお好みの生地で作ることができるのでハンドメイドを趣味にされている人にもおすすめの作り方です。

より本格的なものを作ってみたい人におすすめの作り方

初心者向けのオリジナルピンバッジの作成方法にはいろいろな方法がありますが、より本格的なピンバッジを作りたい人にはプラ板やレジン液を使った方法もおすすめです。制作キットやくるみボタンで作るピンバッジは決まった形状にしか作れませんが、プラ板やレジン液を使った方法であれば複雑な形のピンバッジを作ることもできます。作成方法はプラ板に油性マーカーで大きめにイラストを描き、好きな形に切り取ったらオーブンで焼きベースとなる部分が完成とシンプルなので慣れれば簡単に作ることができます。また、プラ板で作る際にレジン液も併用することでより本格的なピンバッジを作ることができます。レジン液は最近では100円ショップでも気軽に手に入れることができアクセサリー作りの材料としても人気の素材となっていますが、レジン液を使うことでぷっくりとした光沢感も出すことができるので初心者の人も慣れてきたら挑戦してみるのもいいですね。