自分だけのピンバッジを作製するコツ

昔懐かしいピンバッチも今はおしゃれなアイテムとして注目されています。巷には様々なピンバッチが存在しますが、わざわざ売っている場所を探すのは意外と大変ですし、なかなか気に入ったものが見つからない。そういった方も多いです。そんな皆さんにお勧めしたいのは自分でピンバッチを制作してしまうという事です。オリジナルで製作すれば、自分の好きな構図で好きなデザインのものを手に入れることが出来ますし、なにより、世界に一つの自分だけのピンバッジを手に入れることが出来ます。ここでは、オリジナルピンバッジの作り方、入手方法についてご紹介し、それらの応用例をご紹介します。これを機にオリジナルピンバッジを作成して、自分の世界観を表現してみてほしいです。ふとした時に友人から注目されたり、話のタネになったり、良いことがたくさんあります。

オリジナルピンバッジの入手方法

難しいことと思われがちですが、意外と簡単にピンバッジを作ることは出来ます。しかも、材料のほとんどは100均でも入手することが出来るので、コスパが非常に高いです。まずクルミボタンというものを使います。クルミボタンは裁縫の道具で、半分に分かれるボタンで、表側のパーツ表面に布をしき、そのまま型に収め、裏側にまとめた状態で蓋をすることで、ボタンを作成するものです。この布の代わりに、自分でプリントしたイラストや柄を使用します。紙であっても表側にPPの透明袋を強いておくことで表面のコーティングを行うことが可能です。ただし、表面にどうしてもしわが寄ってしまうので、慎重に包み込む必要があります。どうしても上手くいかない方は引っ張って伸ばせるタイプのシール台紙にプリントしておけば、しわを余り残さずに完成させることが出来ます。最後に後ろに安全ピンを通せば完成です。そのほかにも画像データから作成を代行している業者などもあります。

オリジナルピンバッジはこんなことに使える

オリジナルバッジはただ作って使って終わりではありません。使い道は様々です。ここではその事例をいくつかご紹介いたします。一つはプレゼントとして使うことです。友人との思い出の一枚やメッセージをピンバッジ化してプレゼントしてみましょう。普段使いというよりは観賞用として、忘れられない思い出になります。誕生日やお別れ会等、様々な場面での活用が期待できます。次に、結婚式やパーティの飾りつけとして利用するというものです。好きな柄のピンバッジを作成して、クリスマスツリーを彩ったり、ウェルカムボードに配置したりしてみると、みなさん喜んで注目してくれます。ここでは一例をご紹介しました。使用する人のアイデア次第でもっともっと様々な使い道があります。まずは自分用でピンバッジを作ってみて、コツをつかんだら発想を膨らませて新たな使い道を模索してみるとよいでしょう。